草本錦葉集 解説
5c6fa9543b6365729f0ccc55 5c6fa9543b6365729f0ccc55 5c6fa9543b6365729f0ccc55 5c6fa9543b6365729f0ccc55 5c6fa9543b6365729f0ccc55 5c6fa9543b6365729f0ccc55 5c6fa9543b6365729f0ccc55 5c6fa9543b6365729f0ccc55 5c6fa9543b6365729f0ccc55 5c6fa9543b6365729f0ccc55

草本錦葉集 解説

¥10,800 税込

送料についてはこちら

江戸時代後期、水野忠暁の著作「草本錦葉集」の解説本です。 「草本錦葉集」は、江戸後期の斑入り植物が投資の対象になるほど加熱していた時代に作られました。 原著の絵と解説文が上部に書いてあり、下に解説があります。 本の厚みはそれほどありませんが、内容がとても充実しているので、読み進めるのになかなか時間がかかります。 ただ、この本を読むと江戸時代の園芸の幅広さと日本人の斑入りに対する情熱や造詣を深く感じます。 掲載されている斑入り植物が、現代にどれほど残っているのかわかりません。